-金融機関取引に強い-  税理士ブログ

テルマエ展 お風呂でつながる古代ローマと日本

2024年6月15日

 汐留のパナソニック汐留美術館で開かれていた「テルマエ展」に行きました。
 古代ローマの公共浴場(テルマエ)と日本のお風呂文化をテーマとする展覧会で、古代ローマの絵画・彫刻・考古遺物を中心とした展示となっています。
 彫刻やフレスコ、タイル画はもちろんとても興味深いものですが、入浴で用いた道具なども展示されていて想像を掻き立ててくれます。
テルマエ展
今回の展示品の多くを所蔵するナポリ国立考古学博物館。
ナポリ国立考古学博物館
そのナポリ国立考古学博物館からナポリ市街越しに望めるヴェスヴィオ山。
ナポリ国立考古学博物館から望むヴェスヴィオ
そのヴェスヴィオ山の噴火により、西暦79年に火山灰で覆われたポンペイ遺跡のテルマエ。
ポンペイ遺跡のテルマエ

内神田一丁目計画-その3

2024年6月13日

 私どもの事務所の向かいで進行中の「内神田一丁目計画」の地上部分の鉄骨の組み立てが始まりました。
 この2年間は、ちょうど2年前の様子を見るとわかるとおり、地上部分に目立った変化はありませんでした。しかし、ひとたび鉄骨の組み立てが始まると、みるみる高くなって行くのがわかります。
 このため、旧建物取り壊し後に期間限定で見えていた日銀本店や、東京駅と神田駅間を走るJRの電車も、建築中の建物に遮られて見えなくなりつつあります。
内神田一丁目計画
 日本橋川にかかる人道橋は目立った動きはありませんが、北岸には船着き場が完成しました。
鎌倉橋から

北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画

2024年6月2日

 西新宿のSOMPO美術館で開かれている「北欧の神秘―ノルウェー・スウェーデン・フィンランドの絵画」に行きました。
 北欧絵画といえばノルウェーのムンクが良く知られていますが、今回の展覧会は、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドに焦点を定め、それぞれの国立新美術館が所蔵するコレクションを展示する企画で、19世紀から20世紀初頭に活躍した国民的画家たちの作品が展示されていて、北欧絵画を知る貴重な機会になりました。
 タイトルの「神秘」は、北欧の自然や神話を題材とした神秘性を帯びた作品が多いことに関係します。さまざまなジャンルの作品の中で私はどちらかというと幻想的な絵画に惹かれました。
北欧の神秘展
SOMPO美術館外観

メールでお問い合わせ

btn_tel

btn_contact