-金融機関取引に強い-  税理士ブログ

遊びの流儀-遊楽図の系譜

2019年8月14日

 六本木のサントリー美術館で開かれている「遊びの流儀-遊楽図の系譜」展に行きました。
 テーマは遊びです。日本美術史における「遊び」に着目し、野外での遊楽や都市における風俗を描いた数多くの作品が集められています。
 その中心となるのは江戸時代の屏風や絵巻物で、細密に描かれた舞踊や双六、カルタに興じるひとびとの姿は見ていて飽きません。また当時使われていたカルタも展示されていて、その装飾性は遊びへのこだわりを感じます。
遊びの流儀

速水御舟展

2019年8月10日

 広尾の山種美術館で開かれていた「生誕125年記念 速水御舟」展に行きました。山種美術館での速水御舟展は2年半ぶりです。
 代表作の『炎舞』や『名樹散椿』をはじめとする当館が所蔵する速水御舟の作品をまとめて見ることができる貴重な展覧会です。
 初期の徹底した写実画や、後年の琳派の影響を感じさせる装飾画のいずれも素晴らしいものです。
速水御舟
 
 

ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

2019年8月4日

 六本木の国立新美術館で開かれていた「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」展に行きました。
 ウィーンミュージアムの改装に伴い、その貴重な所蔵品が約400点来日しました。
 展示は、18世紀半ばから第一次大戦前までのウィーンの近代化に光をあて、同時代の絵画、建築資料、工芸品、インテリア、ファッション、グラフィックデザインなど、幅広いジャンルの作品から成り、博物館的な要素を感じさせます。
 展覧会名にあるクリムトやシーレの絵画を存分に楽しめたのに加え、当時のインテリアの優れたデザイン性に触れることができたのは貴重な機会でした。
 今年は、東京都美術館のクリムト展とともにウィーンのあたり年です。
ウィーンモダン
 
 

メールでお問い合わせ

btn_tel

btn_contact