-金融機関取引に強い-  税理士ブログ

印象派への旅 海運王の夢

2019年7月3日

 渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開かれていた「印象派への旅 海運王の夢-バレル・コレクション-」展に行きました。
 スコットランドのグラスゴーにおいて海運業で財を成したウィリアム・バレル(1861-1958)が収集した多数の美術品は、その後、グラスゴー市に寄贈され、バレル・コレクションとして展示されているそうです。そのバレル・コレクションの改修工事のため、作品の国外への貸し出しが可能となり、今回の展覧会につながりました。
 当時のグラスゴーはイギリス随一の開港都市として経済発展が著しく、美術品も多く集まったようで、経済の繁栄と美術が切り離せない関係にあることを改めて感じます。
 今回の展示ではコレクションのうち印象派を中心として優れた作品が来日しました。マネの『シャンパングラスのバラ』などはとても良い一枚でした。
印象派

シャルル=フランソワ・ドービニー展

2019年7月1日

 西新宿の損保ジャパン日本興亜美術館で開かれていた『シャルル=フランソワ・ドービニー展 バルビゾン派から印象派への架け橋』に行ってきました。
 のちの印象派の画家たちに大きな影響を与えたドービニーの作品がまとめて見られる貴重な展覧会です。
 水辺の風景を描くために自らのアトリエ船を持っていたと知ったことは、作品の理解を深めるのにとても役立ちました。
 コローやクールベ、ドーミエの作品も見られます。
ドービニー
 美術館は来年5月には隣に建設中の建物に移転することが決まっているため、この景色を美術館と合わせて見られる期間は残り少なくなってきました。
損保ジャパン
 
 

ギュスターヴ・モロー展

2019年6月23日

 汐留のパナソニック汐留美術館で開かれていた『ギュスターヴ・モロー展―サロメと宿命の女たち―』に行ってきました。ルオーのコレクションで知られる当館では、ルオーの師であるモローもときどき展覧会のテーマになります。
 パリのギュスターヴ・モロー美術館が所蔵するコレクションのうち、「女性」という切り口で選ばれた油彩・水彩・素描などが来日しました。
 いつかは見たいと思っていたサロメの『出現』を見られたことや、モローの目を通して描かれた神話や聖書の女性を、モローの実生活がうかがえる展示とともに見ることができたのは貴重でした。
モロー

メールでお問い合わせ

btn_tel

btn_contact