東京事務所移転10周年

東京事務所移転10周年

2019年10月5日

 本日10月5日は、東京事務所が現在の千代田区内神田に移転して満10年の日です。
 これもひとえにみなさまからの変わらぬご支援の賜物と感謝をしております。
 スタッフ一同、時代の変化をとらえ続けられるよう意識をもって、これからもお役に立てるよう取り組んでまいります。
変換 ~ IMG_8925
ブログも10年周年です。

みんなのミュシャ

2019年10月1日

 渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムで開かれていた「みんなのミュシャ」展に行ってきました。ミュシャ展としては2年ぶりです
 今回のミュシャの作品は主にミュシャ財団が所蔵しているもので、8歳の時に描いたキリストの磔刑図などごくごく初期の作品から、その名を世に知らしめたポスターの数々までが素描や習作とともに展示されていました。
 展覧会の解説では、ミュシャの作品を「線の魔術」と表現しており、まさに、人物を描く線、植物を描く線、装飾的なモチーフを描く線、文字を描く線がそのことを感じさせてくれました。
 今回の展覧会は「ミュシャからマンガへ」がテーマで、ミュシャの作品とともに、ミュシャの没後、その影響を受けたとされるロックコンサートのポスターや日本のマンガなどの展示につながって行きます。
みんなのミュシャ
 展示室の一部では作品の撮影ができました。
ミュシャ会場

モダン・ウーマン展

2019年9月28日

 上野の国立西洋美術館で開かれている「モダン・ウーマン展」に行ってきました。
 先日ご紹介した「松方コレクション展」で展示されている作品が普段展示されているスペースを活かして、19世紀後半から20世紀初頭のフィンランド美術を彩った7人の女性芸術家たちの作品が展示されています。
 展覧会では、フィンランド国立アテネウム美術館のコレクションから約90点の作品が来日しており、いずれも初めて知る芸術家の名、初めて見る作品ばかりです。そのうちの一人、ヘレン・シャルフベックはフィンランドにおいてはとくに有名な女性画家とのことです。
変換 ~ モダンウーマン

松方コレクション展

2019年9月22日

 上野の国立西洋美術館で開かれている「松方コレクション展」に行ってきました。
 美術館の開館60周年を記念した展覧会では、松方幸次郎が1920~30年代にヨーロッパで蒐集した当館所蔵の作品のほか、第二次世界大戦中に散逸した作品の一部も展示され、多くの人で賑わっています。
 展示では、購入の協力者たちの存在や、モネから直接購入したエピソードなど、コレクションの成り立ち、その後の散逸、焼失、接収といった数奇な運命を知ることができます。
 当館設立のきっかけが、第二次世界大戦でフランス政府に接収され、後に返還されたコレクションの展示のためであったことを改めて思い起こすとともに、そのコレクションを日本で身近に見ることができる幸せをかみしめました。
変換 ~ 松方コレクション

唐三彩

2019年9月15日

 丸の内の出光美術館で開かれていた「唐三彩-シルクロードの至宝」展に行ってきました。
 当館が所蔵する唐三彩の中から、厳選された作品を一堂に見ることができるという解説どおり、いずれも色鮮やかでとても状態の良いものばかりで、シルクロードの至宝と呼ばれるのも納得できます。
 唐三彩というと、高校の世界史で出会い、その後はさまざまな場面で見聞きする機会はありましたが、これほどまでの数を見ることはありませんでした。
 また、唐三彩が、20世紀はじめの中国で鉄道敷設工事中に偶然発見されて以来、その存在が知られるようになったということもちょっとした驚きでした。
唐三彩
出光

メールでお問い合わせ

btn_tel

btn_contact